クレイジー・ナイン(マクザム バリュー・コレクション)[DVD]

MX-258B

1,551円(税141円)

購入数

“未体験ゾーンの映画たち 2017”上映作品!!
まともな奴は1人もいねえ! 深夜のコンビニを舞台に、9人の曲者たちが繰り広げるバイオレント・ナイト・フィーバー!!

●タイトル
クレイジー・ナイン

●発売・販売元
マクザム

●発売日
2019年10月25日

●品番・価格
MX-258B ¥1,410+税

●規格
カラー/16:9 シネスコ/片面1層/本編 92分+特典 約5分/字幕:1.日本語字幕/音声:1.オリジナル 広東語〈ドルビー・デジタル・5.1chサラウンド〉
特典:オリジナル予告編(予定)

●原題
老笠/ROBBERY(第11回 大阪アジアン映画祭上映時タイトル:荒らし)

●製作年・国
2015年・香港

●ジャンル
コメディ/バイオレンス

●権利元
© SUN ENTERTAINMENT CULTURE LIMITED. All Rights Reserved.

●キャスト
デレク・ツァン(曾国祥)『大性豪』『ドリーム・ホーム』
J.Arie/レイチェル・ルイ(雷琛瑜)『私たちが飛べる日』
ラム・シュー(林雪)『エグザイル/絆』『ザ・ミッション 非情の掟』
スタンリー・フォン(馮淬帆)『小さな園の大きな奇跡』『五福星』
フィリップ・キョン(姜皓文)『激戦 ハート・オブ・ファイト』『ドラッグ・ウォー 毒戦』
エリック・クォック(郭偉亮)『香港国際警察/NEW POLICE STORY』
アニタ・チュイ(崔碧珈)
アーロン・チョウ(周祉君)『ドラゴン×マッハ!』『名探偵ゴッド・アイ』
エドワード・マ(馬志威)
特別出演:ケン・ロー(盧惠光)『ドラゴン・フォー3 秘密の特殊捜査官/最後の戦い』『イップ・マン 最終章』

●スタッフ
監督・脚本:ファイア・リー(火火)『ギブ・ラブ』
撮影監督:タム・ワイケイ(譚運佳)『大性豪』
脚本:フランキー・タム(譚廣源)『レジェンド・オブ・フィスト/怒りの鉄拳』『燃えよ!じじぃドラゴン 龍虎激闘』、ハー・シン(賀鑫)
編集:チャン・キーホップ(陳棋合)『疾風スプリンター』『恋する天使』、ヴェンダース・リー(李棟全)『ドリーム・ホーム』『ウォーロード/男たちの誓い』
音楽:CW/タン・チーワイ(志偉)、ベン・チョン(荘冬機
照明:コー・ウィンチャイ(高永齊)『大性豪』『ライジング・ドラゴン』
美術監督:リー・ジーファン(李子豊)『ラスト・シャンハイ』
衣装デザイン:シンディー・チュン(張芳弟)『金瓶梅』『プロジェクトBB』
エグゼクティブ・プロデューサー:アルヴィン・チャウ(周焯華)『ヘリオス 赤い諜報戦』『レクイエム 最後の銃弾』、アレックス・ドン(唐才智)『ドラゴン×マッハ!』『レクイエム 最後の銃弾』
プロデューサー:チャン・ヒンカイ(陳慶嘉)『大性豪』『恋戦。 OKINAWA Rendez-vous』、パコ・ウォン(黄柏高)『ドラゴン×マッハ!』『SPL/狼よ静かに死ね』              ポール・チェン(鄭振邦)『ドラゴン・フォー 秘密の特殊捜査官 隠密』『CHARON カロン』

●解説
サイコな潜入捜査官、キレやすいじじい、セクシーなチアリーダー、黒社会の若きドン、ちっちゃい子供に爆弾魔。深夜のコンビニに次々と現れるクレイジーな奴らが招く、予測不能なトラブルの数々! 厄介な“お客様”たちが出会う時、スーパー・バイオレントな一夜が幕を開ける!!
コンビニでのバイト初日から、想像の斜め上をいくトラブルに見舞われる主人公を演じるのは、監督・脚本もこなす才能豊かな人気俳優 デレク・ツァン。彼を翻弄する“曲者”たちに扮するのは、香港映画ファンにはおなじみの名バイプレイヤー ラム・シュー、“福星シリーズ”の大ベテラン スタンリー・フォン、J.Arieの名でシンガーソングライターとして活躍するレイチェル・ルイといった、豪華で多彩な面々だ。MVやCMで実績を積み、水野美紀主演の『さそり』では脚本を担当したファイヤー・リーが監督を務め、非凡な映像センスを如何なく発揮。極彩色の狂騒曲とでもいうべき本作は、第53回台湾金馬奨で最優秀脚色賞と最優秀助演男優賞に、第35回ハワイ国際映画祭ではハレクラニ ゴールデンオーキッド賞にノミネートされるなど、各国の映画祭で注目を集めた。
一軒のコンビニを舞台に事態がエスカレートしていくなか、彼らの“真実の姿”が明らかに…。シュールな笑いとバイオレンス、スパイスにチクリと社会風刺を加えた“荒唐無稽密室エンタテインメント”を体感せよ!

●物語
金なし。彼女なし。居場所なし。ボンクラ三重苦をこじらせた冴えない男 ラウは、ふらりと立ち寄ったコンビニで求人のビラを目にする。「働きたい」と言ってみたところ即採用が決まり、バイトをすることになったラウだったが、そこは筋金入りのDQN。イヤミな店長にガミガミ言われても一切動じず、コンドームの箱を穴だらけにしたり、売り物のサンドイッチにイタズラしたりとやりたい放題だ。そんななか、今しがたサンドイッチを買ったばかりの老人が、再び店に姿を現した。誰かがかじった跡があるとサンドイッチの返品を求める老人――ラウの仕業だ。しかし、店長は老人をクレーマー扱いし、返品には頑として応じようとしない。店長の“塩対応”にキレた老人は…。

●セールス・ポイント
▶第11回 大阪アジアン映画祭&“未体験ゾーンの映画たち2017”上映の注目作!
▶香港の新鋭監督と曲者俳優たちが仕掛ける荒唐無稽密室エンタテインメント!

イメージはありません。