ラスト・シューティスト[DVD]

MX-611S

4,180円(税380円)

購入数

名匠 ドン・シーゲルが贈る傑作西部劇!!
“ミスター西部劇”ジョン・ウェインの遺作にして集大成

●タイトル
ラスト・シューティスト

●発売・販売元
マクザム

●発売日
2017年2月24日

●品番・価格
DVD:MX-611S ¥3,800+税

●規格
カラー/片面1層/本編 約96分/字幕:1.日本語字幕 2.吹替用字幕
本編 16:9 ビスタ/音声:1.オリジナル英語〈ドルビー・デジタル・ステレオ〉 2.日本語吹替〈ドルビー・デジタル・モノラル〉
封入特典:リーフレット、縮刷版劇場チラシ(レプリカ)

●原題
The Shootist

●製作年・国
1976年・アメリカ

●ジャンル
アクション

●権利元
© 1976 Dino De Laurentiis Company All Rights Reserved
Artwork and Supplementary Materials © 2016 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved

●キャスト
ジョン・ウェイン『アラモ』『駅馬車』:小林昭二
ローレン・バコール『オリエント急行殺人事件』『三つ数えろ』:馬渕晴子
ロン・ハワード『バニシングIN TURBO』『アメリカン・グラフィティ』:水島裕
ジェームズ・スチュワート『裏窓』『フィラデルフィア物語』:浦野光
リチャード・ブーン『極底探険船ポーラーボーラ』『アラモ』:長堀芳夫
ヒュー・オブライエン『ダイヤモンドの犬たち』『保安官ワイアット・アープ』:池田勝
ハリー・モーガン『夕陽に立つ保安官』『真昼の決闘』:永井一郎
ジョン・キャラダイン『怒りの葡萄』『駅馬車』:北村弘一
ビル・マッキーニー『ランボー』『ダーティファイター』:玄田哲章
シェリー・ノース『テレフォン』『突破口!』:榊原良子
スキャットマン・クローザース『トワイライトゾーン/超次元の体験』『シャイニング』:龍田直樹
リック・レンツ『ホロウ・ポイント/法廷からの殺人鬼』『サボテンの花』:千田光男

●スタッフ
監督:ドン・シーゲル『ダーティハリー』『マンハッタン無宿』
製作:M・J・フランコビッチ『正午から3時まで』『宇宙からの脱出』、ウィリアム・セルフ『潮風のサラ』『正午から3時まで』
原作:グレンドン・スウォーサウト『ボーイハント』『コルドラへの道』
脚本:マイルズ・ウッド・スウォーサウト、スコット・D・ヘイル『突破口!』『殺人者たち』(共に出演)
撮影:ブルース・サーティース『アウトロー』『ダーティハリー』
音楽:エルマー・バーンスタイン『大脱走』『アラバマ物語』
プロダクション・デザイン:ロバート・F・ボイル『鳥』『北北西に進路を取れ』
編集:ダグラス・スチュワート『ライトスタッフ』『SF/ボディ・スナッチャー』
特殊効果:オージー・ローマン『バーバレラ』『天地創造』

●解説
癌を宣告され、余命幾ばくもない老ガンマン J・B・ブックス、最後の7日間。同じ病に散ったアメリカ映画界の巨人 ジョン・ウェインの遺作にして全西部劇ファン必見の傑作が、初Blu-ray化!!
言わずと知れた“ミスター西部劇”ジョン・ウェインが最後に出演した映画が、本作『ラスト・シューティスト』。20世紀が幕を開けたばかりの1901年、病に冒され死を受け入れた伝説のガンマンの最後の日々を描いた物語である。主人公の姿は、多くの作品でガンマンを演じ、やはり癌によって命を落としたジョン・ウェイン自身と重なり、観る者に深い感慨を残す。アクション映画監督として名を上げたドン・シーゲルも、本作ではJ・B・ブックスと、ジェームズ・スチュワート演じる医師 ホステトラーとの友情を軸にした重厚な人間ドラマを描き、新境地を開いたと高い評価を受けた。主演のジョン・ウェインとは古くからの友人であるジェームズ・スチュワートや、『リバティ・バランスを射った男』『駅馬車』で共演したジョン・キャラダイン、ハンフリー・ボガート夫人としても知られる『三つ数えろ』『キー・ラーゴ』のローレン・バコール、現在では『ダ・ヴィンチ・コード』『バックドラフト』といった大作映画の監督、そして『ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK ‐The Touring Years』などのプロデューサーとしても高名なロン・ハワードといったキャストたちの好演も見事な、西部劇の大傑作。初のBlu-ray化となる今回は、ゴールデン洋画劇場放送時の吹替音声を収録。小林昭二、馬渕晴子、水島裕、玄田哲章、永井一郎、浦野光、榊原良子などが顔をそろえた、豪華な吹替版も一聴の価値ありだ。

●物語
1901年1月22日、ネバダ州カーソン・シティ。ロジャース夫人が営む宿屋に、ひとりの男が現れた。カンサス州で保安官をやっていたと自己紹介した彼は、ウィリアム・ヒコックと名乗る。しかし、その男の正体は、伝説のガンマン J・B・ブックス―ロジャース夫人のひとり息子 ギロムだけは、その事実に気が付いていた。癌を患い、余命幾ばくもないと診断されたブックスは、この宿を最後の住処として、静かに残された時を過ごすつもりでいた。だが、彼のそんな思惑とは裏腹に、街にはあっという間に噂が広まってしまう。街を出ろと警告する保安官。“伝説”を検証しようと近づいてくる新聞記者。好奇心を、功名心を、復讐心を込めた視線に囲まれるブックス。やがて、ある夜、彼の泊まる部屋の窓に凶漢の影が…。

●セールス・ポイント
▶生誕110周年。ジョン・ウェインの遺作、待望のBlu-ray化!『ダーティハリー』の名匠 ドン・シーゲルが描く傑作西部劇!!
▶小林昭二、水島裕、玄田哲章、永井一郎らが参加したゴールデン洋画劇場版吹替音声を収録!!