海の彼方[DVD]

MX-637S

4,400円(税400円)

購入数

日本・沖縄・台湾を考えるドキュメンタリープロジェクト第1弾!
台湾人とも日本人とも認められず時代に翻弄された、ある一家の3世代にわたる人生と記憶の軌跡

●タイトル
海の彼方

●発売元
マクザム/シグロ

●販売元
マクザム

●発売日
2018年3月23日

●品番・価格
MX-637S ¥4,000+税

●規格
カラー/16:9 LB/片面1層/本編 123分+特典 約5分/字幕:1.日本語字幕/音声:1.オリジナル日本語・台湾語〈ドルビー・デジタル・5.1chサラウンド〉
封入特典:解説書/映像特典:公式予告編、先行予告編

●製作年・国
2016年/台湾・日本

●ジャンル
ドキュメンタリー

●権利元
© 2016 Moolin Films, Ltd.

●キャスト・スタッフ
出演:玉木玉代、玉木秋雄、登野城美奈子、玉木美枝子、吉原美佐子、玉木茂治、志良堂久美子、玉木文治、玉木慎吾、登野城忠男
ナレーション:玉木慎吾(SEX MACHINEGUNS SHINGO☆)
監督・プロデューサー・編集:黄インイク(黄胤毓)『緑の牢獄』
共同プロデューサー:山上徹二郎『蝶の眠り』『もうろうをいきる』、リウ・ウェイラン(劉蔚然)『百日告別』『GF*BF』
撮影:中谷駿吾『モラトリアム・カットアップ』/音楽:中堀海都

●解説
歴史の影に隠されていた石垣島への台湾移民たちの存在。東アジア過去80年の歴史の変遷を、その歴史に翻弄されながらも生き抜いてきた、ある一家の3世代にわたる軌跡を辿った珠玉のドキュメンタリー!
石垣島で暮らす玉木玉代おばあは、米寿のお祝いの日を迎えようとしていた。誕生会に集まる予定の親戚はその数、100名超。1930年代、日本統治下の台湾から石垣島へと移り住んだ彼女がこの歳を迎えるまで、第二次世界大戦・台湾解放・沖縄本土復帰と、東アジアは激動の時を歩んできた。台湾人とも日本人とも認められず、国籍をもたない移民として、絶えず不安に晒された彼女だけでなく、台湾移民2世として常にアイデンティティの問題に直面せねばならなかった子供たちの人生――玉代おばあの“最後の里帰り”を通じて、一筋縄ではいかない玉木家の歴史が紐解かれてゆく。
監督は数々のドキュメンタリー映画祭で受賞歴のある、若手実力派の黄インイク。台湾人である彼は、大学時代に沖縄の台湾移民について学んだことをきっかけに、2013年より沖縄でフィールドワークを始め、日本・沖縄・台湾を考えるドキュメンタリープロジェクト〈狂山之海〉3部作を構想。その第1部として本作を完成させ、現在は台湾人がかつて働かされていた西表島の炭坑を描いた第2部『緑の牢獄』を製作中である。
ナレーターには、本作の主人公である玉代おばあの孫にあたる、SEX MACHINGUNSのベーシスト・SHINGO☆こと玉木慎吾を起用。華やかな音楽活動のイメージとは異なる彼の朴訥な語りは、観る者の心に石垣の風を届けてくれる。

●石垣島と台湾移民
1895年から50年間続いた台湾の日本統治下時代。台湾から約300キロに位置する沖縄県八重山諸島(石垣島を含む10の島々)は、台湾にとって最も近い「本土」だった。農地開拓のために渡ってきた移民たちは、石垣島にパイナップル産業と水牛をもたらした。彼らは戦時中に台湾へ強制送還されると、戦後は台湾と中国の政治問題により、居場所を失う。再び沖縄へ戻ってきた彼らだが、かの地は約30年間アメリカの統治下に。彼らは国籍をもたない移民として生きることを余儀なくされた。

●セールス・ポイント
▶台湾人とも日本人とも認められなかった石垣島への台湾移民。玉木家の3世代にわたる波瀾万丈を描いた珠玉のドキュメンタリー!
▶日本・沖縄・台湾を考えるドキュメンタリープロジェクト〈狂山之海〉3部作の第1弾!
▶ナレーションは玉木家の3代目にあたるSEX MACHINGUNSのベーシスト・SHINGO☆!!

 第22回 新藤兼人賞 プロデューサー賞 受賞
 第18回 台北映画祭 台北映画賞 最優秀ドキュメンタリー賞 ノミネート
 第8回 DMZ国際ドキュメンタリー映画祭 アジアコンペティション部門 ノミネート

その「時代」を生きたひとりの人間の底力が未来をつないでゆく。――河鹹照(映画作家)

イメージはありません。